引用と転載について

ホームページやブログ、メルマガなどで記事を書くとき、

「こんな記事を書きたいのだけれど… どう書いたらいいか分からなーい」

なんてときがありますよね?



検索サイトからいろいろな情報を探したり、講読しているメルマガから情報を得たりと様々だと思います。



そんなとき、


「あっ!この情報(記事)いいな〜」

「自分のサイト、メルマガでも取り上げたいな〜」



って思うと、下の方に「無断で引用・転載を禁じます」って書かれていることが多いですよね〜(T.T)



でも、本当に

引用」はいけないのぉ?

転載」はいけないのぉ?

引用」と「転載」の違いってなに?

ってちょっと疑問に思ったので少し調べてみました!



まず『引用』についての規定をさらりと…

著作権法第32条第1項を読むと「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない。」

と書かれています。


また最高裁判所判決に於ける「引用可能」とする判断基準では、

・表現形式において、明瞭な区別が出来ること及び
・利用する側の著作物に主、引用される側の著作物に従の関係が
 あること。

となっています。


これを元に考えると、引用は上記のルールに反しない限り著作権者の承諾を得なくてもいいと考えられます。


一方、転載は著作権者の文章などをそっくり複製し、自分の文章中に載せることをいいます。

この場合は著作権者の承諾を得ず、記載すると著作権侵害ということになります。


ですから、あなたが載せたいと思った文章を引用する場合には、

文章の一部を取り出し記載したうえで、

「櫻井はこう書いて(言って)いるが、私は○△×ではないかと思う」

などのように、著作者の文章の一部についての意見や感想、批判などを添えるれば「引用」ということになり、著作権者の承諾を得ずに記載することができるのではないでしょうか?


このことから「引用」の場合は、一定のルールをちゃんと守っていれば、たとえ「無断で引用・転載を禁じます」と書かれていても、著作者に断らなくてもいいんですね!?(自己責任でお願いします。)


さらに「〜〜から引用」などと出所を明示するとなおいいですよね。


いかがでしたか?


「引用」と「転載」について、少しは参考になったでしょうか?


あなたのホームページやブログ、メルマガの記事を書くときの参考になればいいですけどね(^_^;



もっと詳しく著作権に関する情報が知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてくださいね。
-->> http://tinyurl.com/oz3el

この記事へのコメント
私もアフィリエイトで頑張っているんですが、
無料登録するだけで1000円貰えるサイトはご存知ですか?
しかも紹介報酬も高額ですので、かなり稼げますよ♪
ブログで紹介してますので、良かったら1度見に来てくださいね〜
少しでもお役に立てば幸いです☆
お互い頑張りましょう(o^∇^o)ノ
また遊び(情報収集)に来させていただきますね
Posted by あきこ at 2006年08月19日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。