トラックバックについて

▽ トラックバックとは

Yahoo!辞書<新語探検 で「トラックバック」を調べてみると

トラックバックは、別のブログの記事を引用あるいは参照して自分のブログにコメントを掲載した場合に、リンクを張ったことを相手に通知する仕組み。
ふと目にしたブログの記事を参照して自分のブログに書いた際に、この「リンクお知らせ機能」を使うと、「あなたのページを紹介しました」という情報が相手に送られる。これにより相互リンクが自動的に行われ、ブログ同士の連携が進む。そのために関連情報をたどることができて情報収集が容易になり、また交流も広がるなど、新しいメディアとして注目されるようになっている。
(Yahoo!辞書:http://dic.yahoo.co.jp/

と説明されています。

ん〜〜何のことだかよく解らない...(^^ゞ

と言うことで、もう少し調べてみますね!


▽ 通常ホームページでは

通常のホームページでは、まず初めに自分のホームページ(A)に紹介したいホームページ(B)のリンクを貼ります。

この場合、A→Bへのアクセスの流れしか発生しません。

B→Aのアクセスの流れを作るには、Bの管理者宛にリンクを貼ったこととAへのリンクを貼ってもらいたい旨をお願いします。
これで了承が得られれば相互リンクとなるわけです。
(もちろんブログでも同じことはできますね♪)


▽ トラックバック機能では

相手のブログ(B)の記事に自分のブログ(A)へのリンクを貼りつける機能です。

これにより、B→Aへのアクセス流れができるようになります。

この場合、トラックバックしたBのブログ記事の下の方にある「トラックバック」というところにAのリンクが反映されます。

いちいち、相手の管理者にリンクのお願いをしなくても相手のブログへこちらのリンクを貼れてしまう便利な機能です。
(あまり自分のブログと関係のないブログへトラックバックすると、削除されてしまうかもしれませんが…)


▽ トラックバックスパム

トラックバックは便利な機能ですが、使い方を誤るとスパム扱いされてしまいます。

むやみやたらにトラックバックをすると先方にスパムと思われ嫌がられます。

特に、自分のサイトのコンテンツと無関係のところにトラックバックするのは控えましょうね!


やはり、どこの世界でもマナーは必要なものですねw


▽ トラックバックの周期

トラックバックは、自分のサイトへアクセスを集める手段としてとても便利な機能です。

しかし、トラックバックは相手の記事に対し、自分のサイトへのリンクを貼ることです。ですからトラックバックした記事が古くなるとともに自分のサイトへのアクセスの流れも少なくなっていきます。

ですから、できれば1週間に一度ぐらいの周期で最新の記事にトラックバックをするといいでしょうね!


また、マナーとして「記事へのコメント」や「感想」なども忘れずに書込むようにしてください。


《ワンポイント》
トラックバックをするとき「お名前」のところには、あなたの「名前(HN)」でなく、サイトの「タイトル」を入れるようにしましょう。


ちなみに、こちらはトラックバックを自動でしてくれるツールです。
しかも、キーワードによる検索であなたのブログ記事にマッチした記事だけを絞り込んでのトラックバックを発信します。
体験版も用意されているので、一度お試ししてみてくださいね!
最強の広告ツール TraDo

人気ブログランキングへ参加しました〜

ポチッとお願いしますm(__)m→人気blogランキング

TopPageへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14815945

TraDo(トラド)は使い方を気をつけましょう
Excerpt: 情報商材というのはうまく活用すると抜群の威力を発揮しますね。しかし、使い方を間違えると悲惨な結果にもなります。例えば、最近各方面で売り込みが激しい「TraDo」。とあるメルマガでこの「TraDo」を使..
Weblog: 這い上がるアフィリエイト
Tracked: 2006-03-19 11:57

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。