「目から鱗が落ちる」文章作成

よく情報起業家(インフォプレナー)の方々が使う言葉に『目からウロコ』って言葉がありますよね。

この『目からウロコ』っていったいなんだと思います?


元々は「目から鱗が落ちる」と言うのが本来の言い方で、「あることをきっかけとして急にものごとの真相や本質がわかるようになるになる」(広辞苑)っていう意味があるんです。

実はこの「目から鱗が落ちる」って言葉は、聖書の中から出てきた言葉なんです。


この「目から鱗が落ちる」は『使徒行伝』第9章にあります。

 ↓↓

サウロ(のちにパウロとなる)というユダヤ教徒がキリスト教徒の迫害から、神の計画かいたずらか、盲目となってしまいました。
サウロは、盲目という不自由さのなかで、人々に手を引かれながらダマスコという町にたどり着きます。
そこでイエス・キリストは、その町のアナニアという人物にこう言いました。

「サウロのところへ行き、サウロに手を置いてやれ」

元々仇であるサウロにアナニアは手をかざすことを躊躇しましたが、イエス・キリストの言葉であるならばと、サウロのところへ行き、サウロの頭上に手を置きました。
すると、サウロの目から鱗のようなものが落ち、突然サウロの目に光りがさし、再び目が見えるようになったそうです。

 ↑↑ (かなりの要約(^_^;)

この話から「目から鱗が落ちる」という言葉が産まれました。


もともと日本で作られたことわざだと思っていたら、聖書が元だったなんてビックリですよね!


では、情報起業家(インフォプレナー)の方々は、この「目からウロコ」をどの様な時に使っていると思います?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

実はメルマガやブログ、ホームページでセールスレターを作成するときのテクニックとして使用していることが多いんです。


このテクニックは、読む人の固定観念を覆すことにより、購買意欲を向上させ、セールスレターを読み終える頃には、どうしても購入したくなる衝動へと駆り立てるのです。


この「目からウロコ」テクニックってすごいですよね!
これさえマスターしてしまえば、怖いものなしですよね!


だって、メルマガもブログもホームページも、ほとんどが文字で構成されているものでしょ?

いかに人を引きつける文章が大切か分かりますよね!!


いくら優良で優秀な情報や商品を紹介しても、セールスレターの内容がつまらなければ、セールスレターを最後まで読んでもらえません。


てことは「買って貰えない」「売れない」ってことですね。


逆を言えば、セールスレターがうまければ「クソ情報」でも飛ぶように売れるってことです。


こうなれば、もうウハウハ状態ですよね!?


あなたも「目からウロコ」が落ちるようなセールスレターをたくさん書いて、ウハウハ状態になりましょう〜♪


ちなみに「目からウロコ」テクニックを学ぶなら、ヤフオクの策士とも言われた売れる文書作りの第一人者up_grade5さんの下記がお薦めです。

読み終えて0秒後!あなたの文章が進化する!?インフォプレナー用「売れる文章」作成の奥義!


人気ブログランキングへ参加しました〜

ポチッとお願いしますm(__)m→人気blogランキング

TopPageへ

この記事へのコメント
はじめまして。

「聖書」で検索してみたら、ここに来てしまいました。

「聖書」と人生について、一年くらい書き綴って来ました。暇なとき、ご訪問ください。

http://blog.goo.ne.jp/goo1639/ 
Posted by ヨセフ・H at 2006年03月10日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

このままじゃ終われない
Excerpt: 最近、日を負うごとにクラスの人々や周りの人々に馬鹿にされます。 自分もそんな状態を卑屈に感じています。 今日は、大学に進学した人々が次々と学校にやってきました。 皆、将来のことや..
Weblog: 筆ペン起業!
Tracked: 2006-06-16 18:25

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。